修理

浴槽補修リフォームで住環境快適化~最適!生活空間改善術~

価値観を持つ

ワーカー

リフォームとはどんなものか

リフォームが今後増えてくると言われています。これは老築化してきた家を買った時の状態に戻すことです。かつてはリフォームをするぐらいなら新築を建てたほうがいいという価値観を持っていたため家が老築化してもリフォームする人はそれほど多くなく、一度壊して再びその土地に建てなおすというスクラップアンドビルドの考え方が主流でした。 ですが、お金がかかることや環境への配慮からリフォームをが見直されてきており、今ではリフォームをする家が増えてきているのです。フォームにはいろいろな種類がありますが、多くの場合、元ある資材と似た様な資材を使って家をキレイにしていきます。リフォームと類似のものにはリノベーションがあります。

それに似ているものとは

リフォームとリノベーションはどのような違いがあるのでしょうか。リフォームが元の状態に戻すことに対してリノベーションは元の状態に戻しつつもその建物に付加価値を与えることを目的としています。例えばキッチンをシステムキッチンにしたり、2部屋の間にある壁を取っ払って大きな1部屋にするなど、改良が施されます。 これを例えるなら、リフォームは新築の時の建物の価値が100で、徐々に時間の経過とともにその価値が現象していき、30ぐらいになったところをして100に戻します。これに対してリノベーションは元の価値が100で徐々にその価値が減少していき30ぐらいになったところで、工事をして元の100ではなく120ぐらいに価値を上げる工事のことなのです。